admin
    ♪ 柴犬わさびと音楽の日々 ♪
                       
   
3/12(土)千葉ロッテマリーンズ・オープン戦レポのつづきです。
いよいよ、ファーストピッチセレモニー(始球式)が始まります!




初めての、土日デイゲーム。
わさびも、スタンドを見つめて気合十分!

この日の来場数は、14,022人公式サイトより)
風も冷たい寒い日にもかかわらず、
早くからたくさんの方がチケットに並んでいらっしゃいました。

この日の登板者さんは、
「千葉そごう」さんの新春福袋をお買い上げの方の中から
抽選2名の方が選ばれ、その方へお届けすることになっています。
女性の方へ、わさびがお届けし、
女性と男性おふたりで、同時に投げるemojiemojiという企画。

グラウンドに出る10分くらいまでに、控室で、ご挨拶。
わさびが走ってくるルートや、カゴの受け渡し方法、
少しだけ、わさびとコミュニケーションを取っていただき、
さぁ、グラウンドへ!



グラウンドでは、10分くらい時間があり、
何せ半年ぶりの球場、QVCマリンも6月以来ですので、
音や雰囲気にその10分で馴染まなくてはいけませんemoji
なので、この時間が成功のカギ!
まずは、カメラ5台に囲まれて撮影会(笑)

そして、この時間を
わさびが、楽しくワクワクするような気持ちになるよう、
大好きなボール投げでウォームUP。
その写真はないのですが「きゃっはー♪」と楽しんでいました。


写真:千葉ロッテマリーンズ

千葉ロッテマリーンズの公式カメラマンさん撮影の
写真をいただきましたので、抜粋でご紹介しながら。

ファーストピッチセレモニーのアナウンスが流れ、
そのフレーズに合わせて、わさびもスタンバイ位置へ移動。
ここで、待たせすぎたり、焦って走ったりしてはダメ。
うまーく、リードしていくタイミングが重要です。
そして、オフリード。


写真:千葉ロッテマリーンズ

わさびの紹介アナウンスが流れている間に、
じゃーまねが離れます。
緊張の一瞬。
わさび、ちゃんとマテしています。
アナウンスで「それでは、わさびちゃん…」
というフレーズをお耳で聴いています。


写真:千葉ロッテマリーンズ

合図とともにスタート!
この「マテ」が待ちきれなくて、
少し早めにスタートを切っちゃうこともあるのですが、
この日は、バッチリのタイミングでしたemoji

が、どうもスタートした時点で、
目線がいまいちマウンドに合っていなくて、
なぜか、じゃーまねの右方向(三塁寄り)を見つめていたんですよねemoji

三遊間…というより、ちょっとショートよりに向けて走り出した感じemoji
マウンドのほうを、チラッ チラッと見てはいるのだけれど、
どうも少し遠回りっぽい?!emojiemoji


写真:千葉ロッテマリーンズ

あきらかにマウンドより左方向だったので
「こっちこっち!emojiわさび、こっちだよっ!!emojiemoji

と言ったあたりで、ぐるっと軌道修正しつつも
「え?そっちなのワン?」と カゴをぽとり…emoji

あわてて、じゃーまねがかけよって、
倒れたカゴを元に立てて置き直してあげて、
もう一度、くわえなおしてマウンドへ来てくれましたemojiemoji


写真:千葉ロッテマリーンズ

渡す時にうまくタイミングが合わなかったのですが、
これは前の記事にも書いたように、
ちょっと難しいんですよねemoji
何度も練習を積んでいても、
初めてのお相手との呼吸がなかなか難しいemojiemoji

でも、この日の登板者のお姉さんは、
わさびの運ぶ動画も事前に観てきてくださって、
一生懸命わさびをマウンドから呼んでくださって、
たくさん もふもふして、ほめてくれました。
お顔はボカしてあるけれど、とっても笑顔のいいお写真なのですー!emoji


写真:千葉ロッテマリーンズ

別アングルの写真だと、
マウンドから少し三塁よりにコースがそれているのがわかりますねemoji
呼ばれて、そっちを見てはいるけれど、
身体は三遊間へ。
わさびは、こっちへ運ぶご用がありますワンから!(キリッ)」みたいな(笑)


写真:千葉ロッテマリーンズ

私も、なんで じゃーまねの右後ろ(わさびに向かって)を見つめて
そちらへ行こうとしたのか、何もないはずなのに、
わさびには、何が見えていたんだろう???と、
とても不思議だったんですよね。

そ・し・た・ら・emoji
このあと、またUPしますが、
動画を観て「なるほどーーー!emoji」と納得しました。

わさびがどうしたら、安心して、楽しく運べるか。
私もそこに全力で考えて、もろもろご相談し、
スタッフさんも、一緒に考えてくれて、
環境を整えてくださったのですが…

わさびのほうが上手(うわて)?!emojiemoji

わさびの動きを予測して、
あれこれ先に手を打っておくのだけれど、
わさびのほうが、私よりも、もっと考えていたみたいですemoji
えーん、いたらない 未熟者の じゃーまねを許してねemoji

  
Twitter:運んだあとは、マウンド上で ちゃっかりドヤ顔(笑)

わさびは、ただ呼ばれるからそっちへ行く、とか
じゃーまねがいるから、そっちへ走る…
とかではないんですよねemoji

わさびはわさびで、自分のやるべきお仕事をきちんと理解していて、
ほんの10分ほどしかいないあの現場の状況を
自分の目に見て、自分で状況把握して、自分で考えているんだな、と
9年、44試合いっしょにやっていても 
新たな発見に驚かされることがあります。


やったー、やったワンー♪
うれしそうに、マウンドから戻るところemojiemoji 

100点満点とはいかなかったけれど、
でも、今季初のボールはこび、
がんばってくれてありがとね、わさび。

応援してくださったマリーンズファンの皆さま、
温かいサポートをしてくださったスタッフの皆さま、
そして、ジャイアンツスタンドからも拍手をいただき、
ありがとうございました。

このあと、動画と、ごほうび編と、
フォロワーさんからいただいた写真のギャラリー編と続きます。


~*~ 千葉ロッテマリーンズ・オープン戦 2016 ~*~

・2016.3.09  3/12(土)千葉ロッテマリーンズ戦でボールをはこびます!
・2016.3.14 千葉ロッテマリーンズ・オープン戦 2016:球場入り
・2016.3.21 千葉ロッテマリーンズ・オープン戦 2016:始球式
・2016.3.23 【動画】千葉ロッテマリーンズ戦(パ・リーグTV)
・2016.3.28 3/17(木)日本テレビ「ZIP!」

*わさびTwitter http://twitter.com/wasabi_shiba
*わさびFacebookページ 
http://www.facebook.com/wasabi.shiba


*************************
この日は、ものすごく寒かったので、
ちょっとわさびのお顔もひきしまってみえますが、
でもわんこにとっては、暑いよりはこのくらいのほうがよいかもです。
マリーンズの勝利となり、また今年もボールと勝利を
お届することができたわさびに【ポチッ】と♪

 
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  ブログ村ランキング参加中!クリックありがとう!
*************************
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
頑張ったね(^-^)
わさびちゃんが頑張って運ぶ姿に感動(^-^)
ちゃーんと自分のお仕事を把握してじゃーまねさんに指示出してたのかな?
michi 2016/03/22(Tue)22:41:34 コメントの編集
     
              
 
無題
レポありがとうございます☆
わさびちゃん、立派です!
ボールを運ぶ前、キチッと座り、お耳をピンと立ててアナウンスを聴く表情はオフ時とは全く違います。オンとオフの切り替えはなかなか難しいものです。
また、ちょっとしたハプニングがあっても、ちゃんと修正をかけられる柔軟さに感心です。私はハプニングがあるとオタオタしてしまうので、そういう強さを持ちたいです。
わさびちゃんの本番強さは毎度頭が下がります。
でもそれはやっぱり日頃の練習の積み重ねと、ジャーマネさんとの絆があってこそなんですよね~。
登板されたお姉さん、応援にいらしたたくさんのお客さん、関係者さんがわさびちゃんを優しい目で見守ってくれてたんですね~。
寒い日でも、会場は暖かい雰囲気だったのが感じられました(*^_^*)♪
NO NAME 2016/03/23(Wed)13:15:07 コメントの編集
     
              
 
◆michiさん
コメントありがとうございます(^^)
そう、わさびは自分であの場で色々考えているみたいです。
私の立ち位置がちがうワン!
て指示を出していたのかも?!(^^;

特にスタート切るタイミングは、
お耳ピクピクしてアナウンスを聴きながら
自分でタイミングを計っているようで
ここ数年は、私の合図よりも自分のタイミングがあるみたいです
わさび音 URL 2016/03/24(Thu)01:35:17 コメントの編集
     
              
 
◆NO NAMEさん
コメントありがとうございます
この日は、初の3月出場と、
とても寒かったこともあって
いつもの球場よりも少し表情が険しいのですが、
でもやっぱり「ON」のお顔ですね。
「ON/OFF」の使い分け、見事ですよ(笑)

本番は、ハプニングや予想外のことでいつもいっぱいです。
9年・44試合の間にはハプニングやアクシデントに
私自身がオロオロしてしまって、
戸惑うわさびに適切な対応をしてあげることができず、
失敗してしまったり、わさびがしょげてしまったり…
あの数秒のために往復8時間以上かけて行ったりしていたので
復路は涙に濡れながら帰った日も懐かしいです。

登板されたお姉さんも、ファンの方もスタッフの方も、
皆さんがとても温かく、そのおかげで
わさびも がんばることができました。
ありがとうございました(^^)
わさび音 URL 2016/03/24(Thu)01:42:38 コメントの編集
     
            
           
  
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 15 16 17
19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
わさび音
性別:
非公開
職業:
Composer & Pianist / Photographer
自己紹介:
★わさび(柴犬・♀・12歳)

柴犬初のベースボール犬として
球場でボールを運んでますワン♪

★わさび音(わさびのジャーマネ)

柴っ子気質に翻弄されながらも
わさびのために手作り食でご奉仕。
ドッグカフェめぐり大好き♪

ペット栄養管理士/愛玩動物飼養管理士1級/犬のためのホリスティック・ケア・アドバイザー

本業は Composer & Pianist/Photographer

※ 不定期更新です。
すいません(´д`;)

----------

※当ブログに掲載の記事・写真の無断コピー・複製は一切禁じます。
Copyright © Wasabine. All Rights Reserved.
*お知らせ*
★『Wan』2017年1月号「柴犬特集 part②」ベースボール犬わさび密着レポ&10年メモリアル6ページの特集で掲載。永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★『犬とともだち』2016年5月「お仕事ワンコ」としてベースボール犬わさびがマンガで紹介♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『pen』2014年9/1号「犬と猫。」“働くワンコたち”に掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『わんにゃんWalker』2013年10月号「スターペット:Working Dog編」に掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『白球男子vol.8』に、千葉ロッテマリーンズ戦での1日が「女子のお仕事ルポ」として2ページにわたり掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★2013年『柴犬ファンSpecial 2』に ベースボール犬わさびの記事が4ページの特集で掲載♪永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★2013年『Wan』1月号「柴犬」に ベースボール犬わさびの記事が掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★わさび缶バッジストラップ2012発売☆詳細はこちら↓↓↓



★わさび音の作曲・演奏シネマLIVE 2012.2/18(土)詳細はこちら ↓↓↓



★2012年『Wan』1月号「柴犬」に ベースボール犬わさびの特集記事が3ページにわたり掲載。永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★わさび缶バッジ2011 が発売になったよ~
詳細はこちら(^^) ↓↓↓



★日本ブログ村のランキングに参加してみました。1日1回ポチッと押して応援してね♪ ↓↓↓

最新コメント
[06/20 みなっち]
[06/20 みなっち]
[06/15 みなっち]
[06/15 みなっち]
[06/13 わさび音]
[06/13 わさび音]
[06/06 くるみ]
[06/06 みなっち]
[06/04 みなっち]
[05/31 くるみ]
[05/29 みなっち]
[05/29 みなっち]
[05/28 わさび音]
[05/21 みなっち]
[05/18 わさび音]
[05/18 みなっち]
[05/15 みなっち]
[05/15 みなっち]
[05/12 蘭ママ]
[05/11 1010]
[05/09 みなっち]
[05/09 みなっち]
[05/09 みなっち]
[05/09 みなっち]
[05/05 わさび音]
最新トラックバック
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
カウンター
メッセージ
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) わさび音 wasabi-ne ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++   +++