admin
    ♪ 柴犬わさびと音楽の日々 ♪
                       
   
22(土)関内ホールにて
「X'masコンサート」が無事終了しましたぁー!

664062073_156.jpg
















このコンサートは、生徒の演奏、家族とのアンサンブル、
ピアノ以外の楽器演奏、そして講師の演奏という内容のものです。

私も指導歴10年…某大手メーカーの音楽教室や,
その他の音教に所属していたこともあるので、
何十回と「発表会」を経験してきましたが、
従来の「ピアノ発表会」というと、一人数分弾いて、アッいう間におしまい。

待ち時間だけが異常に長く、
ご父兄も自分の子供以外は興味ないので居眠り…
その上、経営側にとって稼ぎ時。
高い会費をとって、とにかく人数を集めて一人2~3分、
ひどい時は自社ビルのサロン程度の部屋を使っ
てホール代として集めたり…そんな感じのことも多かったな。

自分の作曲活動のために、フリーになってからは、
週に1~2日数人だけ生徒を持っていますが、
志の合うピアノ講師の友人と3人で、2年に一度(小さいものは年一)
上記を払拭する発表会を企画しています。

ソロはもちろんのこと、
誰かと一緒に音楽を作る喜びを経験させるために
ソロとアンサンブルと2回出番を作り、指導しています。
仲のよい友達と一緒に、
もしくは知らない人と音楽を通して仲良くなったり、
または家族と演奏する、家庭の中に音楽がある、てステキですよね。

664062073_178.jpg
というわけで、
今回講師演奏としては
バンドのギターとベース
の友人にも協力してもらい、
ピアノトリオ
でチックコリアの
「スペイン」を演奏しました。



外部発注したカメラマンのおじさまがやたら気にいってくださって
「いやー、前の席は大人だけにしてさー、
 ワイン片手にjazzライヴとかにしたらいいよねー」
としきりに言ってました(笑)いやいや、生徒が主役だからー。

小学校4年生の女の子3人には、6手連弾用に私がアレンジをした
「イン・ザ・ムード」でswingを教えたり(本人達は大盛り上がりでした)
父母幼稚園の息子の家族3人連弾や、
お父さんにギターを弾いてもらったり(風邪で不参加だったのですが)
お母さんにフルートで参加してもらったり
今年は参加できなかったのですが、オーボエとピアノでDUOをやったり、
楽しいコンサートになりました。

習い始めの幼稚園の子も、難曲を弾く大人の生徒も、
それぞれが自分に精一杯の演奏にしあげるために、
一生懸命がんばって、そして当日皆の前で「自己表現」をし形になり、
大きな拍手を体感し喜びとなって、どの生徒もご家族も
やりきった満足の笑みで帰っていきました。

そして私たち講師は、どっと疲労困憊ですが、
その姿と上達した演奏を聴けば、教師冥利につきるということで…。

適当に一曲だけ安全圏の曲を弾かせて出すのは楽ですし、
アンサンブル等やめてその分、
倍の人数を出せば経費も余裕があり運営も楽でしょう。
でも、「教育」という責任のある現場に携わる中で、
音楽を通して、その人の人生が豊かでより楽しいものになるために、
今私が与えてあげられるものは何だろう、と思うと、
やはり苦労をしても、やらずにはいられません。
そしてそれを通して、私も得るものがあると思うし。

「指導」は自分が弾くより大変です。
怒ったりして相手がうまくなれば簡単です。
「練習しない」と叱るより、やる気を出させるにはどうするか…
それも全て「指導力」だと思います。
習い事は義務ではないので、楽しくなければ続かないよね。
そんなこんなで、子供も大人の生徒も指導にあっては、
自分の演奏技術より、音楽的総合力と、忍耐強さが必要だと実感しています。
うちの生徒は皆「音楽だーいすき♪」ですよ
   
   
            
この記事にコメントする
   
name
title
color
mail
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  
          
 
無題
ぽちんちにもお越しいただきありがとうございました。 私もざさび音さんの過去記事にコメントさせていただきまーす。

実は私もピアノ教えておりました。
某大手メーカーの講師と自宅で。 もちろん日本にいた頃の話しですが。。。
ピアノ教えることで根気を養いましたね、確かに。「だいたい練習してないのに、レッスンに来るわけ〜?」な〜んて思いながら、
「ここはね、こうでね、ああでね」とこの子に対して魅力のあるレッスンって!?と考えてはストレスたまりまくりでした。楽しかったですけどね。 今はさっぱり足を洗いました。

音楽の話題もチェックさせていただきますよ〜〜!!

これからもよろしくお願いします。

ぽちんちのママ URL 2009/11/11(Wed)01:44:39 コメントの編集
     
              
 
◆ぽちんちのママさん
お返事が遅くなってごめんなさい
前の日記も読んで下さりありがとうございます!

「教える」ってホント「根気」のいる作業ですよね。
私自身が「練習しない」「楽しくないとやらない」生徒だったんで、
練習しない子に関しては寛容かもしれません(笑)

ホントに、子供もワンコも「楽しくないと」やる気しないですものね~~~~~
ワンと一緒に暮すようになってから、ついレッスンでも「Good!」とか言ってしまったり。
「Sit!」とか言わないようにしなきゃっ、て感じです(笑)
わさび音 2009/11/12(Thu)21:40:12 コメントの編集
     
            
         
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
   
        
  
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
2 4
5 7 8 10 11
13 15 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
HN:
わさび音
性別:
非公開
職業:
Composer & Pianist / Photographer
自己紹介:
★わさび(柴犬・♀・11歳)

柴犬初のベースボール犬として
球場でボールを運んでますワン♪

★わさび音(わさびのジャーマネ)

柴っ子気質に翻弄されながらも
わさびのために手作り食でご奉仕。
ドッグカフェめぐり大好き♪

ペット栄養管理士/愛玩動物飼養管理士1級/犬のためのホリスティック・ケア・アドバイザー

本業は Composer & Pianist/Photographer

※ 不定期更新です。
すいません(´д`;)

----------

※当ブログに掲載の記事・写真の無断コピー・複製は一切禁じます。
Copyright © Wasabine. All Rights Reserved.
*お知らせ*
★『Wan』2017年1月号「柴犬特集 part②」ベースボール犬わさび密着レポ&10年メモリアル6ページの特集で掲載。永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★『犬とともだち』2016年5月「お仕事ワンコ」としてベースボール犬わさびがマンガで紹介♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『pen』2014年9/1号「犬と猫。」“働くワンコたち”に掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『わんにゃんWalker』2013年10月号「スターペット:Working Dog編」に掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★『白球男子vol.8』に、千葉ロッテマリーンズ戦での1日が「女子のお仕事ルポ」として2ページにわたり掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★2013年『柴犬ファンSpecial 2』に ベースボール犬わさびの記事が4ページの特集で掲載♪永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★2013年『Wan』1月号「柴犬」に ベースボール犬わさびの記事が掲載♪
詳細はこちら ↓↓↓



★わさび缶バッジストラップ2012発売☆詳細はこちら↓↓↓



★わさび音の作曲・演奏シネマLIVE 2012.2/18(土)詳細はこちら ↓↓↓



★2012年『Wan』1月号「柴犬」に ベースボール犬わさびの特集記事が3ページにわたり掲載。永久保存版!
詳細はこちら ↓↓↓



★わさび缶バッジ2011 が発売になったよ~
詳細はこちら(^^) ↓↓↓



★日本ブログ村のランキングに参加してみました。1日1回ポチッと押して応援してね♪ ↓↓↓

最新コメント
[02/20 みなっち]
[02/17 1010]
[02/16 みなっち]
[02/16 わさび音]
[02/14 みなっち]
[02/14 みなっち]
[02/09 みなっち]
[02/06 みなっち]
[02/04 みなっち]
[02/04 わさび音]
[02/04 わさび音]
[02/02 みなっち]
[02/02 1010]
[01/31 みなっち]
[01/28 みなっち]
[01/27 さくちゃん]
[01/27 わさび音]
[01/27 わさび音]
[01/27 わさび音]
[01/26 さくちゃん]
[01/25 みなっち]
[01/21 みなっち]
[01/19 わさび音]
[01/19 わさび音]
[01/19 わさび音]
最新トラックバック
アーカイブ
ブログ内検索
バーコード
カウンター
メッセージ
Powered by NINJA TOOLS
アクセス解析
  
       
+++ Powered By 忍者ブログ +++
Copyright (C) わさび音 wasabi-ne ++ Template Designed BY (C) Pavloba
+++   +++